英米留学物語

アパートに移った事で起こったさまざまな出会い。1回目の引っ越しで大きな変化!!

学生寮から1回目の引っ越しをしたことにより、それまで何となく暗かった私自身の寮生活とは真逆の日々が訪れることになりました。

実は移り住んだアパートは、1フロアに4世帯が入る構造となっていたのですが、私のアパートはその内の一つで、残り2つがタイ人の男性学生と韓国人の男性学生が住んでいたのでした。写真がそのアパートのgoogle mapの写真です。

ここに引っ越すまでは、私の交友関係は、ESLで一緒だった学生が主で、しかも同じクラスには私と中東から来た一人の計2人しかいなかったので、凄く仲良くなった遊び友達というのは本当に少なかったのです。

最初の方は、日本人がもっとたくさんいるはずなのに、なんでこんなに出会わないんだ…と良く思ったものです…。

このアパートの同じフロアに日本人である私、タイ人、韓国人、みんな近い年齢でしたので、3部屋のどこかに友達が訪れてくると、自然と声がかかり、みんなで集まって・・という日々に大変化したのです。

当時はタイ人、韓国人の学生が非常に多かったので、本当に賑やかでした。もちろん会話は英語です。

これは本当に大きい出来事で、インターナショナルな友人が私の部屋に出入りしない日はないくらい、毎日毎日お互いに夕飯を作りあったり、楽しく助け合あいながら過ごしていました。一人で毎晩外に食べに出ていた時とは180度真逆の生活です。

また、この場所で、タイの文化、食事、人柄、韓国の文化、食事、縦社会の厳しさ、などなど、多くの事を学びます。この時知り合った、タイ人、韓国人のみんなとは、今でもFacebookで繋がっています。

実はこのアパートは、大きなアパートの集合施設で、8−10の建物に分かれていて、その中に、日本人の先輩方も5−6名住んでいて、その後すごくお世話になることになります。

今回が1回目の引っ越し。実はアメリカでこの後何度も引越しをすることになるのです。

士心塾 各コースリンク